2012/06/02

適度な緩さもヒトそれぞれ・・・か?


あさは胸糞悪く跳ね起きる?そう、未だ8時30分をまわったばかりだと言うのに、階下の家でどうやら工事が始まったようである。イキナしの軽削岩機?はたまたドリルのようなガッガッガッガッガッガーン!と云う、何とも気になる騒音。まあ、自分のギターの爆音も、ヒトによっちゃあ騒音ではあるので、偉そうな事は言えないが・・・。せめて9時をまわってからにしてくれりゃあ・・・って、あんまし変わらんけど、心情的になあ・・・。15時までは、イロイロ作業をこなし所要を済ませに外出。スーパーに行ったついでにクリーニング屋に寄り、先日友人が出したスーツ(三つ揃い)のパンツが紛失した件で、その後の確認をしに行く。ちょうどそれを担当したスタッフの娘がいたので、再度問いただすと「私は確かに渡した」の一点張り。外国では至極当然と云うか、責任感?緩さ?と云うか、このスタッフもその典型である。前任の珠海から通っていたR嬢は、まだ若いのにもかかわらず、仕事はパーフェクトで頭の回転も早く、その差は歴然であっただけに、この会社にとってはキッと大損失であったに違いない。どうも今居る娘は、良くも悪くも何となくユル~いと自分は感じる。其れは兎も角、他店舗や工場も探しておいて貰うよう、再度頼んでおいたのは言うまでもない。で、一度自宅に戻り買ったモノを置き再度外出。いつもの「Round-the-Clock」に行き、K氏と共におやつ代わりの「シュリンプ・ビスク」をイク。で、何だかんだと2時間ちかく話し込んだ挙句チャッカシ奢って貰い自宅に引き返すG。写真は、19時の亞馬喇前地からのもの。